Preloader

News – Japan

World’s blackest Porsche painted with Japan’s Musou Black 【Video】

RocketNews24 - News Japan

Cars don’t get any blacker than this.

Choosing a color is always an important part of getting a new car. You want something that suits your tastes, but also doesn’t draw too much attention or constantly looks dirty. For those reasons black is often a nice color, but even then there are many shades of black from a dark charcoal grey all the way to…this.

You are kind of looking at what is believed to be the blackest car in the world, a Porsche 911 that was painted at Pit One in Gifu City recently. It is covered in the world’s blackest water-based acrylic paint Musou Black, which was developed by Koyo Orient Japan in Saitama Prefecture and released in September, 2020.

▼ A video showing the creation of the Musou Black Porsche



The paint gave this Porsche a refection rate of about 0.6 percent of visible light, making it slightly darker than the Vantablack BMW X6, which is said to reflect about 1 percent of light overall.

▼ However, it’s so close at this point, a more accurate head-to-head measurement would probably be needed to crown a clear winner



▼ The YouTube channel Dip Your Car also painted a car Musou Black, but had since put sparkly stars on it, taking it out of the running.



Pit One’s Musou Black Porsche was also painted with the help of Koyo Orient, ensuring that they could get the blackest effect possible. And yet, despite its both eye-catching and eye-evading appearance, online comments seemed more concerned about such an automobile’s safety.

“That looks hot.”
“I can’t imagine how many accidents that would get in.”
“I want to see how fast you can cook something on the hood.”
“LOL, that thing’s a death trap.”
“A truck would just roll right over that thing at night and not even notice.”
“It kind of throws my sense of perspective off. I would probably slam right into it.”
“That’s even blacker than I thought it would be.”
“You need to keep the lights on at all times.”

It doesn’t seem that hard to see, but it does look a little disorientating at a glance, so it’s probably better off kept away from public roads so other drivers can stay focused. Actually, for the above video, they made sure to clear the car with the local authorities before taking it out.

Musou Black paint is made in compliance with environmental regulations and nearly odorless. However, in order to maintain its peak black appearance, it’s not possible to wax or apply much of any protective coating to the coarse, powdery paint. This means the paint job is extremely vulnerable to the elements, especially rain.

This means you probably won’t see this Porsche on the streets of Gifu anyway, but it will be on display at Pit One until the end of July. Musou Black is also readily available to buy for whatever your ultra-black needs may be, but at 2,500 yen (US$18) for 100 milliliters (three ounces), a whole car would get pricey. It’s probably best left to gunpla.

Source: PR Times, Musou Black, Pit One, Itai News
Images: PR Times
● Want to hear about SoraNews24’s latest articles as soon as they’re published? Follow us on Facebook and Twitter!

犠牲者300人超、「西日本豪雨」から4年 被災各地で追悼式

Asahi Shimbun Digital

2022年7月5日 22時00分 東海から九州までの14府県で300人以上(災害関連死を含む)が犠牲となった2018年の西日本豪雨から、6日で4年。多くの人が亡くなった岡山県倉敷市真備町や広島市では、6日午前に追悼式がある。 河川の氾濫(はんらん)や土砂崩れによって大きな被害を受けた岡山、広島、愛媛の3県でも住宅再建が進み、仮設住宅で暮らす人は昨年に比べて約9割減った。 西日本豪雨では、積乱雲が連なる「線状降水帯」が次々に発生。長い時間にわたって広い範囲に記録的な雨が降り、気象庁が東海から九州までの11府県に、数十年に一度の大雨が予想される「大雨特別警報」を発表した。 西日本豪雨による死者・行方不明者の9割は、岡山、広島、愛媛の3県に集中した。 岡山県倉敷市では河川が次々と氾濫。特に同市真備町で住宅が広く浸水し、市内で75人が亡くなった。広島県坂町や熊野町では土石流が発生、愛媛県西予市と大洲市ではダムの緊急放流で川があふれ、いずれも多くの人が亡くなっている。 3県では住宅の全半壊も計約1万7千戸にのぼった。 仮設住宅で暮らす人は、3県で計121人(6月末現在)いるが、昨年の同時期に比べると約900人減った。愛媛県内で計画されていた災害公営住宅5団地のうち、最後の団地が昨年9月に完成するなど、各地で住宅再建が進んでいる。 岡山県被災者生活支援室の担当者は「仮設住宅に残る方々も自宅を再建するめどはたっており、一日も早く仮住まいから移れるように支援を続けていく」と話している。

ドネツク州西部地域の攻防が焦点 ウクライナ軍支配地に砲撃相次ぐ

Asahi Shimbun Digital

 ウクライナ軍参謀本部によると、同国東部ルハンスク州の完全支配を宣言したロシア軍は4日から5日にかけ、同州隣のドネツク州で複数のウクライナ軍支配地に砲撃を浴びせた。一方、北東部や南部では都市へのミサイル攻撃も続いた。 ロシアのショイグ国防相は4日、プーチン大統領と面会し「ルハンスク州の作戦完了」を報告。ウクライナ軍がルハンスク州内の事実上最後の拠点となったリシチャンスクからの撤退を認めたことで、戦闘の焦点は今後、ウクライナ軍が維持するドネツク州西部地域の攻防に移るとみられている。 ウクライナ軍参謀本部は5日朝の発表でドネツク州内の拠点都市スラビャンスクやクラマトルスクの周辺の町へ砲撃が相次いだとした。特にロシア軍が支配するハルキウ州イジュームとスラビャンスクとの間にある多くの町が標的になった模様だ。 ルハンスク州との境界に近い人口約2万のドリナやスラビャンスクの南東約50キロで親ロシア派の支配地域に近いノボルハンスケでは地上戦もあったという。スラビャンスク、クラマトルスクのウクライナ軍を孤立させる狙いとみられる。 一方、中部ドニプロペトロウ…

紗倉まながコロナ持続化給付金の性風俗除外に憤り 「職業差別を助長」

Japan News – Livedoor News RSS Feed

 コロナ禍の事業者に支給されてきた国の「持続化給付金」が、風営法上の性風俗業者は“対象外”とされていた問題。これについて、大阪府の会社が「憲法で保障された“法の下の平等”に反する」として国などを訴えた裁判の判決が30日、言い渡された。【映像】紗倉まな「きちんとしてる人の権利を守って」 判決で東京地裁は「一時の性的好奇心を満たすような営業が国などの公認のもとで行われるものではないと大多数の国民が考えているとみられ、性風俗業者を区別する合理的理由はある」と指摘、会社側の訴えを退けた。

膨らむ消費税収、再分配機能は低下 借金頼みで広がる「ワニの口」

Asahi Shimbun Digital

 2021年度の国の税収が過去最高を更新した。最も額が多かったのは2年続けて消費税だった。誰もが同じ税率を支払う消費税の存在感が大きく、税による所得の再分配機能は低下したままだ。 再分配機能は税の重要な役割の一つで、所得の高い人ほど税負担が重くなる「累進性」を持たせることなどで格差を小さくする効果がある。岸田政権も、肝いりの「新しい資本主義」の中で「分配」を強調しているが、税収の内訳をみると、その機能は低下傾向にある。 21年度の税収67兆円のうち最も額が大きいのは、消費税の21・9兆円。消費税は高齢者も含めた広い世代が負担し、景気に左右されにくい安定財源だが、税率が一律のため低所得者ほど負担が重く、累進性とは逆の性質を持つ。 1989年4月の導入後、3…

ジャガー横田の長男・大維志くん「寮母の飯がマズイ」発言を謝罪

Japan News – Livedoor News RSS Feed

 女子プロレスラーでタレントのジャガー横田(60)と医師の木下博勝氏(54)の長男・木下大維志くん(15)が、5日に更新されたYouTube「ジャガー横田ファミリーチャンネル」に出演し「寮母の飯がマズイ」と発言したことを謝罪した。 ことの発端は、6月に配信されたインスタライブ。そこで視聴者から「寮のご飯で好きなメニューは何ですか?」という投稿が届くと、大維志くんは「おいしいわけじゃないやんか。毎回言ってるけど、どうしてもこれは直らない。寮母の飯がマズイ」と、答えていた。

関根勤、過去の失恋体験を語る「僕が女心が分からなかったわけね」

Japan News – Livedoor News RSS Feed

 タレントの関根勤(68)が5日、自身のYouTubeチャンネル「関根勤チャンネル」を更新。過去の失恋体験を語った。 関根が20歳の頃、突然母がセーターを編んでくれたという。「どんなセーターが欲しい?」と聞かれ、ブルース・リーにハマっていた関根は、チャイナ服のデザインをリクエスト。モスグリーンのチャイナ服のニットが出来上がった。 そして、知り合いの「すごい面白い女の子」をデートに誘い、チャイナ服のニットを着ていったそう。関根は、デートについて「いつも明るくて面白いから、今日も楽しいデートになるなと思ったら、全然喋らないの」と残念な結果になってしまったと語った。

3800万円脱税容疑、産婦人科医を告発 中絶手術の所得隠した疑い

Asahi Shimbun Digital

 高額な費用がかかる人工妊娠中絶手術の手術代などを売り上げから除外して約1億2300万円の所得を隠したとして、名古屋国税局は5日、産婦人科「中谷レディースクリニック」(名古屋市天白区)の中谷剛彬院長(80)を所得税法違反(脱税)の疑いで名古屋地検に告発したと発表した。6月30日付。 関係者によると、中谷院長は同クリニックで手がけた中絶手術などで得た所得を税務申告時に除外する手口で、所得を過少に仮装。2020年までの4年間に所得税約3800万円の支払いを免れた疑いが持たれている。脱税した資金は医療機器などクリニックの備品の購入代や運転資金のほか、遊興費に充てていたという。 刑法の堕胎罪は中絶を禁じて…

3800万円脱税容疑、産婦人科医を告発 中絶手術の所得隠した疑い

Asahi Shimbun Digital

 高額な費用がかかる人工妊娠中絶手術の手術代などを売り上げから除外して約1億2300万円の所得を隠したとして、名古屋国税局は5日、産婦人科「中谷レディースクリニック」(名古屋市天白区)の中谷剛彬院長(80)を所得税法違反(脱税)の疑いで名古屋地検に告発したと発表した。6月30日付。 関係者によると、中谷院長は同クリニックで手がけた中絶手術などで得た所得を税務申告時に除外する手口で、所得を過少に仮装。2020年までの4年間に所得税約3800万円の支払いを免れた疑いが持たれている。脱税した資金は医療機器などクリニックの備品の購入代や運転資金のほか、遊興費に充てていたという。 刑法の堕胎罪は中絶を禁じて…

Japan and South Korea buyers not yet asked to pay roubles for Russian LNG imports

japan times

Major Asian buyers of Russian liquefied natural gas (LNG) said they had yet to receive requests to pay for supplies in Russian roubles after a senior manager at gas producer Gazprom floated a proposal to expand the payment scheme.
The proposal came just days after Russia moved to seize operations of the Sakhalin-2 LNG plant in retaliation for Western sanctions, raising supply concerns for top buyers such as Japan and South Korea.

Japan and South Korea buyers not yet asked to pay roubles for Russian LNG imports

japan times

Major Asian buyers of Russian liquefied natural gas (LNG) said they had yet to receive requests to pay for supplies in Russian roubles after a senior manager at gas producer Gazprom floated a proposal to expand the payment scheme.
The proposal came just days after Russia moved to seize operations of the Sakhalin-2 LNG plant in retaliation for Western sanctions, raising supply concerns for top buyers such as Japan and South Korea.

EXITりんたろー。今まで付き合った人数告白「同時進行合わせると40人」

Japan News – Livedoor News RSS Feed

 お笑いコンビ「EXIT」が5日に公式YouTubeチャンネルを更新。りんたろー。(36)が驚きの“モテ遍歴”を明かす場面があった。 SKE48の元メンバーでタレントの三上悠亜と、ギリギリの質問をぶつけ合う企画。「今まで付き合った人数は何人ですか?」という問いかけに、りんたろー。が「13歳くらいから付き合い始めて…40人くらいですかね」と事もなげに話すと、驚きの声があがった。 「中学のときとかは3カ月くらいで別れたりね。まあ“同時進行”で進んでた分も合わせると」とぶっちゃけると、三上は「サイテ―!」とドン引きした様子。これに、兼近大樹は「それは当然だよね、みんな男女ともにやってるんだから。それを言うこの人が珍しいってだけ」と、ツッコミを入れていた。